事例

Case

「Social Brain」の事例を紹介します。

Happy Farmer_edited.jpg

​株式会社日和産業

課題背景

飼料事業を100年に渡り展開してきたが、飽和市場かつ薄利多売の事業モデルのため、新規事業を創りたかった。社内にはノウハウのある人材もおらず、戦略コンサルタントに多額な費用で依頼したが、結局絵に書いた餅であった。そこで、安価かつ、パッケージではなく、ステップごとに報酬をいただくため、リスクが小さい我々にご依頼があった。

 

1ヶ月で合計20の、企業理念に沿った多様な新規事業アイデアを創出に成功。その中から、1つのアイデアを採用し、3ヶ月後事業計画書の作成した。予算の兼ね合いで、事業化には至らなかったが、専務より、「都会の多様な価値観に触れて、我々では思いもつかないアイデアと視点に出会うことができた。他社との関わりがなく閉塞感のある社内の雰囲気が変化し、確実にノウハウが溜まった。御社を固定費として捉え、定期的にお願いしたい」とコメントをいただいた。

Checking Blood Pressure_edited.jpg

仙台市 
ヘルステック推進事業

課題背景

様々な健康課題を抱える街、仙台市の取り組みで、ヘルステック産業を創出するための「ヘルステック推進事業」。この取り組みでは、任意で集まったら様々なヘルスケア企業がコンソーシアムを作り、協業し、新しい事業を立ち上げることが目的だった。しかし、企業の協業は促進されなかった。そこで、企業のアセットを組み合わせ事業アイデアを作る我々に、協業促進の依頼があった。

結果

一度のワークショップで、企業の協業アイデア12個の創出に成功し、実際に事業化に舵を切ることできた。三年行われたこのヘルステック推進事業で、企業の協業ができたのは初めてのことだった。そして、今年度は事務局として、行政と二人三脚でヘルステック産業の創出を行う。